SmartBarcode

導入事例

具体的なご利用事例

クライアント様ごとに大きく異なるニーズに対し、
SmartBarcodeがどのようなカタチで利用され貢献させていただいているかの具体的な運用イメージをご紹介いたします。

case#01

山九(PoC)

倉庫などでの安全管理

ヒヤリハットは、発生した事例の報告、原因と対策の分析による積み重ねで未然に防ぐことが可能です。スマートバーコードで、ヒヤリハットが発生した状況をリアルタイムに情報共有することができ、報告書も簡単。発生した内容を見える化しておくことで社員の注意喚起にも繫がります。

QRコードによるヒヤリハットレポートの自動生成

case#02

三菱倉庫

保冷輸送の可視化

アメリカ向け高級鮮魚のコールド輸送で追跡に活用。SmartBarcodeはフライト情報の共有もでき、悪天候で突然フライト時間が変更になるなどのケースにも、臨機応変な対応が可能でロスを最小限に抑えることが可能です。

鮮魚のコールド輸送追跡と情報管理

case#03

ゼビオ

真贋判定

ゼビオグループは、スポーツ用品の真贋管理に向けて、ブロックチェーン技術を用いた新しい真贋システム「X2nd(エックスセカンド)」の開発および運用をしています。

QRコードをベースにトレース情報管理

case#04

山九サンキュウ
エアロジスティクス

倉庫業務の入出庫管理と
輸送トレース

入庫時にバーコードを読み取ることで入庫伝票 を自動生成し、事務所にて入力した船荷証券番号 から発行されたカーゴラベルのバーコードと貨物 のバーコードをペアリングし誤出荷を防止します。

様々な倉庫内業務から伝票処理までスムーズに

主な利用例

その他さまざまな分野で、
自社のニーズに沿った
活用が可能です。

帳票類の
生成/出力

バーコードに紐づくさまざまな情報(有効化情報やトレース情報)を反映させた任意の帳票を生成することが可能です。また、帳票にバーコードを印字することもでき、帳票類でのトレーシングも可能です。P/O、入庫伝票、B/L、作業日報など任意の帳票フォーマットにデータを取り込むことができます。

調達管理

入庫時にサプライヤーが資材等に付与しているバーコードを「スマート化」してトレース可能にすることで、ダイレクトに製造ラインにおけるプロセス管理を行うことができます。

フードバリュー
チェーン

生鮮食品のトレーサビリティを生産者の生産プロセス、鮮度を可視化するための物流トレース、HACCP等の加工管理情報などをバーコードに紐づけながら、消費者に対して「食の安全/信頼」を透明性のある情報として提供できます。

製造管理

資材の原料の元情報を加工時に製品バーコードなどを紐づけることや、各種部品の製品名やロット番号等を製品にペアリングすることで製造管理を可視化します。

温度/湿度管理

温度ロガー、湿度ロガーなどをAPIでバーコードと連携することによって、トラッキングポイント(保管中/輸送中/受領後など)間で温度や湿度がどのように推移したかをスマートフォン上でグラフ化することが可能です。

真贋判定

当社が事業提携をしているゼロビルバンクジャパン社のブロックチェーンネットワークにバーコードのトレースデータをハッシュ値として格納することで、サプライチェーン上にある製品などの真贋判定を行うことができます。